医療現場で働きたい方は目指している職種の資格を習得しよう

医師と看護師

資格は大事

医師

医療関係の職業に就こうと思った時は、資格を取得して就職活動を行なった方がやはり優位になります。資格の取得は三ヶ月で受講できるものから、1年と長期的に学ぶことになる資格もあります。また、人気の医療資格の場合は試験の倍率も高くなり、合格が難しくなることもあるので、自分がどのような環境で働きたいのかじっくり考えておきましょう。

医療資格と言うと真っ先に事務職を思いつく方もいると思います。確かに医療事務は病院やクリニック、様々な医療機関で必要となってくる職業なので資格取得を目指す方も多くなっています。試験の難関度も低いので合格の確率も高くなっているので、資格が欲しいと思った時に最初のチャレンジとしては適しているでしょう。合格後も就職しやすく働き方も選べるので、短時間勤務やパートといった働き方をする方もいます。このような自由度の高さも人気の理由となっているようです。また、全国各地に働き口はあるので、転勤が多い夫をもつ女性からも人気の資格となっています。医療事務の資格を取得するには、平均5万円前後の費用が必要となってきます。資格の講座をひらいている機関によって講座の価格や試験教材に違いがあるので、一度資料請求を行なってから比較して決めましょう。講座は半年程の勉強期間を要するので、仕事や家事の合間の時間をうまく利用してコツコツ勉強することが大事です。最近では調剤薬局事務や歯科助手も人気の職業となっています。どのような仕事に向いているのか、キャリア診断で探すことをオススメします。

質疑応答の練習をする

看護師

看護学校を受験するためには、筆記試験と面接を受けることになります。筆記試験のために日頃から勉強していくことは必須になりますが、当日に緊張しては本領を発揮することができないので、質疑応答の練習を繰り返し行ないましょう。

詳細を読む

医師の仕事を代行する

病院

医師の代わりに診断書や診療情報提供書、診療記録の入力をする医師事務作業補助は、医師のサポート役として大切です。資格を習得すれば幅広い仕事を任せてもらうことができます。

詳細を読む

人工の手足を作る

院内

事故や病気で手足を失った時に、義肢装具士が作成してくれた装具が役に立ちます。スムーズな歩行や生活を送れるようになるので、社会復帰も早くなるでしょう。世の中にとってはなくてはならない職業と言えます。

詳細を読む